FC2ブログ

OKUの細道

私の周りの様々な人々や日々の出来事を少しひねって紹介

伝説のゴム長靴クライマー 第5話

黒部川沿いを歩く事40分

平な砂地を見つけてテント設営・・・・御疲れ様でした。
RIMG2611_convert_20091027165816.jpg

釜戸も設営完了・・・
 
地図を見てもらえば分かると思いますが、あまり日のあたる所ではないので早くも寒い

吉田君「Oさん・・焚き木する?ホントはだけど・・・」

O「俺、固形燃料持ってるよ・・・・・

二人「・・・・・・・・・・・川沿いだし・・・・・」

それ!木を集めろー!!!(ホントはファイヤーピット以外駄目です!駄目なんです!ゴメン・・・)

                   RIMG2616_convert_20091027165837.jpg

幸せ・・・火がこんなに有り難い物なんて・・・・  気温はもう0℃近い

黙って火に当たり、淹れたての熱いコーヒーを飲む・・・・

見上げれば漆黒の闇というフロアーに砂糖をぶちまけたように星が見える。

あまりに見えすぎてどれがどれかさえ分からない・・・・・ あぁ・・・言葉で言い尽くせない。


翌朝の気温は-3℃ さ、さむい・・・・・テント内も白い・・・

外においてたザックも真っ白。霜がおりまくってる!

とりあえず温かいスープがのみたい-----!

RIMG2626_convert_20091027165902.jpg
                        RIMG2629_convert_20091027165922.jpg

すぐ飲まないと冷スープに・・・早くのめー!

で・・・なんかもよおして来ました・・・そうトイレです。

目の前は天然の水洗トイレ&手動ウォシュレットが・・・・

紙を使う場合燃やすか持ち帰りです。埋めても動物が掘り返して散乱します。

で、まずテスト・・・・

RIMG2630_convert_20091027165940.jpg
いい塩梅です!ずり落ちると黒部源流に流されていくので要注意!水温も10℃前後か?

使用後は左手でインドの方々のように水をすくってごしごしと 冷て-----!

実戦です!

吉田!笑うな!気を引き締めろ!落ちたら死ぬぞ!

RIMG2631_convert_20091027165957.jpg

吉田君「wonderful !」


さあ!今日こそ行くぞ!高天原!

                                          次回 「凍結ゾーン突入」
スポンサーサイト



伝説のゴム長靴クライマー 第4話

太郎平小屋から中継ポイントの薬師沢小屋までは一応下り道。

歩き初めてすぐに・・・
RIMG2605_convert_20091027165620.jpg


吉田君「雷鳥やわ・・・・」

目の前に二匹うろうろしてます。特別天然記念物が目の前に

O「ありゃ!捕まえて晩飯か?食った事ある?」

吉田君「いやーさすがに無いな~・・・美味いかな?」

O「いけると思うけど・・・・誰も見て無いな・・・・行っとく?」

(凄い会話ですが冗談ですから・・・ホントに食わなかったからね!)
コイツももうしばらくすると羽毛が白く変っていきます。

因みにこれは雷鳥の餌でもある黒豆 (まあブルーベリーの一種です)
RIMG2607_convert_20091027165731.jpg

吉田君「この黒豆もいけるよ。ブルーベリーと変らんから・・・ちょっと皮が渋いけど」

確かに美味い!次見つけた時はパンにのせて・・・・

そんな事より頑張れ~!まだ道は遠いぞー!

途中かなり道の狭い(片側は崖でかなり危険な箇所)箇所で吉田君がザックを降ろして焼酎をおもむろに出す。

O「どしたん?」

吉田君「昔、山小屋の同僚がここから落ちて死んだんやわ・・・・」

その昔吉田君を含む4名で薬師沢小屋から太郎平小屋に戻っていく途中に一人ここから滑落したそうです。

吉田君が下まで何とか降りて行ったのですが原型を留めないほどの損傷でほぼ即死だっただろうとの事・・・・

吉田君「ヘリ呼んでさ、遺体を収容するんやけど・・・怪我人はヘリに乗せるけど遺体は乗せられないんやわ・・・もう物扱いでね・・・法律で決まってるから」

O「知ってるよ・・・ホイスト(ヘリから降ろすワイヤー)で吊ったまま運んだの?」

吉田君「うん・・・・でさ、ヘリがホバリングして遺体収容袋吊り上げて上昇していくんだけど、ワイヤーが少しよってたんか遺体がくるくる回りながら上がっていくんだわ・・・・目に焼きついてね・・・多分一生忘れんと思う」

焼酎を崖下に向けて注ぎ、暫し黙祷・・・・・・ 気をつけて行かなければ・・・・

難所を越えて薬師沢小屋に着き一服。

もうシーズンが終わってるので小屋には従業員だけ。当然知り合いなんだけど。

ここでHOTカルピスをご馳走になる。

あ~・・・ほっとするね!

ん?変な味・・・・

吉田君がお湯のポットと番茶のポットを間違えてホット番茶カルピスに(テメー!)・・・・微妙な味だがとりあえず許す。

テン泊予定地はもう少し先・・・・かなり疲れてきた

小屋を出てつり橋を渡り黒部川源流沿いを歩く大東新道に・・・・
RIMG2608_convert_20091027165757.jpg

しばらく川沿いで岩場を飛んだり張り付いたりの連続・・・・がっ!

ここでゴム長靴の実力が・・・・

ゴム底が薄いっていう事は考え様によってはフリークライミングシューズと変わらん。(足裏はスゲー痛いけど)

微妙な足懸りも安心して踏んで行けます!

小池さん、貴方の言う通りです。ゴム長最高です 

もう少し頑張れー!もう暗くなって来たぞ! 
                          (インド人ネタまで行けませんでした・・・次回に!)

                                次回第5話 「凍ってるやん!」
                                 
 

伝説のゴム長靴クライマー 第3話

とりあえずキムチラーメンを作り昼飯。
サイドメニューはお餅!
周りの登山者から「餅か・・・いいな・・・」の声。1つ300円です!と販売を始めたがブーイングが^^;
冗談ですがな^^

コーヒーで一息。生き返ります!
RIMG2595_convert_20091026135201.jpg

吉田君は靴の修理
RIMG2577_convert_20091026135053.jpg

しかし苦労の甲斐も無く怪しい出来栄え

その時高天原の山小屋のご主人、小池さんから一言・・・「長靴やろ・・・貸してやるわ!」

O「長靴・・・・・

ご主人「馬鹿もの!ゴム長最高!」



嗚呼・・・・・・・・・・

最新のアンダーシャツに高度・気圧等も分かるカシオのプロトレック!!
RIMG2588_convert_20091026135116.jpg

スワンズの最新の偏光サングラスに最新のサプリメント・・・・
RIMG2592_convert_20091026135140.jpg




が、しかし・・・・


          RIMG2598_convert_20091026135244.jpg
         長靴・・・・・・・・・

RIMG2575_convert_20091026135030.jpg
長靴・・・・・

       RIMG2599_convert_20091026135307.jpg
        長靴

ここにゴム長靴ブラザーズ誕生・・・・・
(やはりOKUの細道・・・何かが起こる・・・・)

さよなら!太郎平小屋!
RIMG2600_convert_20091026135327.jpg

目指せ!高天原!

しかし・・・・

O「吉田君!ゴム底薄いし・・・ガレ場で足の裏痛い

吉田「足ツボマッサージと思えば健康にいいよぉ!」



む、むごい・・・・・・

                                           次回第4話「インド人は・・・」

伝説のゴム長靴クライマー 第2話

RIMG2564_convert_20091024111643.jpg

とりあえず登山口に・・・・

吉田君のザックは約20㌔

O隊員は約17㌔          頑張れ!  しかし最初の30分は異常な汗

これを乗り切れば楽になるんだけど・・・・

しかし、悲劇はもう始まっていた・・・

上り始めて一時間で雪景色

RIMG2567_convert_20091024111708.jpg
                             RIMG2569_convert_20091024111740.jpg

この頃から何やらパタパタ誰かが後を付いてくる足音が・・・でも吉田君は前方10m先。

振り返っても誰もいない・・・・何か歩きにくい。足が誰かに引っ張られる感じ。
遭難して死亡したクライマーの霊か・・・?

ふと足元を見ると・・・・

RIMG2574_convert_20091024111820.jpg

だ~っ!

「吉田君!駄目じゃん!この靴!」

「あー長年使ってなかったし・・・・はははっ!とりあえず太郎平小屋(地図参照)まで這ってでも登って下さいね」

え~・・・・が、頑張ろう・・・

ペースダウンで何とか小屋まで来てとりあえず・・・・・乾杯!

RIMG2570_convert_20091024112029.jpg

さて、小屋内を借りて昼飯を自炊しますか・・・針金も借りて靴の修理もしないと・・・


しかし、修理はしても今後のルートを考えるとかなり不安な感じ・・・


どうする! O隊員!

                                 続く・・・次回3話 「やっぱり・・・・」

やりやがったな・・・

RIMG2850_convert_20091021161013.jpg

ちくしょう!やりやがった!

納豆味が来ると思ってたのに・・・・小豆とは。  しそ味より意外といけるかも^^;

登山紀行の前につい書いてしまいました・・・・

もう皆は飲んだかな?

次こそ納豆味!いや味噌かな?

伝説のゴム長靴クライマー 第1話

「吉田君、装備はどんな感じで行けばいい?」

「まぁ温かいかっこで、朝晩は冷え込むし、靴は普通のトレッキングでいいんじゃない?俺は長靴だけど。わははは」

来た・・・長靴クライマー伝説の男
まあ太郎平小屋に10年勤めた男だけに頼もしい・・・

実際に山小屋の人達は長靴で平気で凄い所行くけど、頑張ってね・・・

これが前日の会話・・・・

で、当日出発直前、吉田君の家に迎えに行くと・・・

「Oさん大変やわ!太郎平小屋にTELしたら辺りは積雪20cmあるって。冬装備で来いって言ってたわ」

「えー!まあ冬の装備と言えば装備だけど・・・靴が

「じゃ俺の登山靴貸すわ。カナダから帰ってきて10年近く履いて無いけど・・・」 (これが不幸の始まり・・・八甲田山の死の彷徨もこうやってナメテかかった

「助かるわ~!吉田君、マジ長靴?」

「マジ

大丈夫かいな・・・このツアー? コースもこの時点で未定。

結果的にはこんな感じで行きましたが(10/14 7:40am時点のGoogle Earth)次回からこの地図と照らし合わせてお楽しみ下さい。

とりあえず行っちゃう? 因みに帰って来たら体重が2.5キロ減ってました

可愛そうと思った貴方、ランキングボタンをポチッと!

縺斐・gomu髱エ_convert_20091015092340




リアル トトロ

台風が過ぎるのを待って、今週末から2泊3日で黒部方面に登山です

打ち合わせもあってY君の家に・・・

Y君は今年の春に少し山手の古い一軒屋に引っ越したのですが、実写版となりのトトロっぽいです
RIMG2563_convert_20091009153057.jpg

二人のお子さん  姉のふくちゃんと妹のあさちゃん、(勝手にサツキとメイと思ってます)凄く可愛いけどちょー腕白振りです。可愛いのでY夫妻の許可をもらってOKUの細道デビューです。

因みに 1.お母さんは入院してません。(Y君は入院して帰って来なくていいと思ってる・・・かも)

     2.ススワタリ(まっくろくろすけ)は出ませんがムカデはうじゃうじゃ出ます。

     3.ととろは居ませんが、Y君は少しととろに似ています。

RIMG2561_convert_20091009155223.jpg

柱から落ちんなよー!

では土曜から山に行ってきます! 

Y君宜しく!

                                                雪降るかな・・・・



    




ただいま・・・

遠くから帰って着ました。(また追々と) Iさんお疲れ様でした。

話は変わりますが、

最近アンダーウェアーに凝ってまして、今のお気に入りはSKINS

http://www.skins.net/au/ja/default.aspx

オーストラリアで開発された優れものです(スポーツしなくても普段から着れますよ)。

RIMG2529_convert_20091005111321.jpg

スポーツ、アウトドアで体を酷使する私にはもってこいッす。締め付けは凄いけど・・・(着用するのが面倒、例の水着みたい感じですかね・・・)

adidasから発売してるTECHFITも魅力的です

http://www.adidas.com/jp/homepage.asp

今月はY君との登山も控えてます。トレーニング再開ですかな・・・

Top

HOME

real stage

Author:real stage
REAL・STAGEの落武者です。いつか御家の復興を企んでいます。